第47回 一隅を照らす運動東京大会

平成27年6月16日(金)浅草公会堂にて午後1時から第47回一隅を照らす会にて私を含めて8名が表彰された。

式典は上野輪王寺門跡 寛永寺住職 神田秀順大僧正の導師 式衆:天台宗東京教区寺院代表ご住職と共に「おつとめ」

古典法儀音用の伝統継承の「聲明」天台宗聲明音律研究会・「雅楽」は伝来当初から法会荘厳に重要な役割を果たしてきた。

天台宗は法儀宗とも言われている。「聲明」「雅楽」による厳かな式典後、主催者挨拶、来賓の紹介挨拶終了後

「一隅を照らす運動東京本部長表彰」が行われた。

第二部の公演は「自分の番 いのちのバトン」~父相田みつを を語る~」相田みつを美術館館長 館長 相田 一人氏の話を伺い

相田みつを をより身近に感じることができたひと時であった。

雅楽;天台雅楽会

法要:神田秀順 大僧正

天台聲明 天台宗聲明音律研究会

雅楽

主催者挨拶:社多 徳雄