第7弾 サンストリート亀戸」跡地開発 協議事項について

平成29年5月25日、江東区まちづくり推進課より「事業者との協議状況について」報告を受けた。                               前回、第6弾で報告した内容を中心に区と協議を進める中で                                                 ・区としては子育て世帯向け住宅2,000戸の開発は、児童収容対策上受け入れ難く、計画の見直しを求めてきた。事業者との協議の結果、平成29年5月、跡地関係利用者等から子育て世帯向け住戸数の圧縮を含む、開発の見直しの通知があった。

【開発規模見直しに係る事業者からの通知】の内容を報告します。

建築物概要

商業施設:スーパマーケット、ホテル、賑わい施設、インキュベーションオフィス等(6弾添付1参考)

共同住宅:子育て世帯向け住戸 ・1,200戸(分譲住宅のうち、200戸以上は80㎡以上の広面積住戸)

:高齢者向け住戸・約300戸 :単身者向け住戸・約300戸~400戸

地域貢献策

・小学校収容対策のための敷地一部割譲(教育委員会と協議中)

・子育て支援施設の整備

・亀戸東口駅前の環境整備、交通結節点の強化、地域のための防災・防犯施設に着いては、地元の意見等を踏まえながら実現に向け検討

※今後の予定

・サンストリート亀戸跡地開発を契機とした良好なまちずくりを誘導するため、亀戸6丁目を対象としたまちぢくり方針を策定する。

・策定にあたっては、地域町会等を構成員とする「まちずくり連絡会」を設立し、地域の課題整理など必要な検討を行って行く。

※現在は土壌調査のため解体工事進めています。その後土壌の入れ替え、今回は水質検査を経てから都市計画法の手続・建築確認後、建設