新設、これが江東区立(仮称)第二有明小・中学校だ!!

前回、用地取得53億円をおしらせしましたが今回は整備事業の内容が明らかになった。                             一、ぬくもりを活かした学び舎づくり                                                      二、こども達の豊かな学習環境を創出する空間づくり                                              三、災害に強く、人・環境にやさしい学校づくり                                             「施設づくり3つのコンセプト」木の空間づくり整備事業の全容の資料添付します。

20151202_122226[1]20151202_122317[1]20151202_122327[1]20151202_122348[1]20151202_122406[1]20151202_122417[1]

(仮称)第二有明小・中学校整備事業添付資料                                                 1、施設づくり3つのコンセプト                                                         2、木仕上量の比較(1)                                                                                       3、木仕上量の比較(2)                                                            4、木構造、木仕上げの範囲1階(床・壁)1                                                 5、木構造、木仕上げの範囲2.3F(床・壁)2                                               6、木構造、木仕上げの範囲4.5F(床・壁)3                                                                                                                                7、木構造、木仕上げの範囲(断面図)4                                                 8、燃エンウッドの架構の改善(教室木柱配置)1                                                      9、燃エンウッドの架構の改善(教室木柱配置)2                                                10、燃エンウッドの架構の改善(教室木柱配置)3                                                  11、アリーナ棟木質化 12、北側立面(さらなる木質化)                                               13、「木の回廊」の創出                                                           14、普通教室                                                              15、開放的な図書館 16学校らしい植栽計画 17、配置図